トップページ > 鍼灸治療

店舗一覧

鍼灸治療のご案内。

鍼灸

当店では、皆様の症状の状態をしっかりと把握するためカウンセリングに力を入れております。鍼灸治療を受けようと思われるまでの間にどのような治療を受けられたのか、症状の変化や状態はどうであったかなど詳しくお聞かせ頂いた上で治療を進めていきます。カウンセリングの中でその方にとって何が最適の治療であるかを共に考え、必要に応じた施術プランのご提案をいたします。

鍼治療とは


ボディケアセンター RIRAKU
鍼(はり)を体内に刺すことにより生体内では様々な反応が起こります。
まず侵入してきた鍼に対して身体はそれを侵害物質、つまり身体にはいらないものと判断しそれを外に排除しようとします。その結果下記のような反応が起こるのです。
また脳内へ鍼の刺激が伝わり、痛みを和らげる信号が脳内から伝達され症状の緩和、軽減につながります。
~鍼刺激により起こる反応~
ボディケアセンター RIRAKU
鍼刺激の場所が悪いところと判断し、血流の流れを促進させる(血流がよくなると疲労物質や老廃物が排除されます)
免疫力を高める顆粒球やリンパ球のバランスを整える
消化器、呼吸器、泌尿器など各器官の働きを安定化させる
ホルモンのバランスを整える
肩こりや腰痛の鍼治療を受けて、お腹の調子がよくなったり、身体全体がスッキリとした感じになるのはこのような反応が起こるからです。
また使用する鍼の太さもいろいろとあり、細い鍼では0.14mm~取りそろえております!
鍼治療が初めてという方にも安心してお受け頂けるよう十分にご説明と理解のもと施術は進めていきたいと思っていますので、何かご不明なことや質問がありましたらお尋ねください。
料金表はこちら
当店で使用する鍼は1本1本滅菌処理のされた使い捨ての鍼です。感染の心配はありません!
間接灸といって台座にもぐさがのっているお灸です。ポカポカと心地よい温かさが伝わります。

灸治療とは


ボディケアセンター RIRAKU

お灸はもぐさを使って経穴(ツボ)に温熱刺激を与え、血流を促進し、人間本来が持つ自然治癒力を高める治療です。

もぐさはヨモギの葉にある細い繊維から出来るのですが、このヨモギの精油成分に「チネオール」と呼ばれる独特の成分が含まれており、止血作用や消炎・鎮静作用、リラックス効果があるとされています。
このような理由からお灸をした際に、この香り好きです♪と言われる方も多く、お灸をすることで気持ちまでスーッと落ち着く感じがあるようです。

~お灸刺激により起こる反応~

血液循環の改善

お灸をすることにより身体が温まり、血液の働きが活発になります。血液中で老廃物を運んでいるので、血流が改善されるとむくみや疲れ、痛みなどに効果が期待できます。

免疫力の向上

お灸をすると免疫力に重要な働きのある白血球が増加し、人間本来が持つ自然治癒力を引き出し、健康の増進や病気の予防に役立ちます。

当院ではポカポカと心地よい温かさの伝わるお灸を使用しています。冷え症や生理不順、生理痛などの婦人科疾患、慢性腰痛や肩こり、関節痛などでお悩みの方にオススメです。

料金表はこちら

身体にやさしい鍼灸治療

鍼灸治療というと「怖い」「痛そう」などのマイナスなイメージが強い一方で、「一度試してみたい」「興味がある」などのお言葉を耳にする機会も増えてきています。これまで説明してきたように、経穴(ツボ)へ刺激をすることで生体内に様々な反応を引き起こし、免疫力、自然治癒力を高める治療です。

しかし、鍼灸や東洋医学はたちどころに病を治してくれる魔法の治療ではありません。バランスの崩れた身体の状態を整えるのには時間を要しますが、身体への負担は少なく副作用もない「やさしい治療」といえます。

たくさんの治療法がある中で鍼灸治療を選択し、さらに当店での施術を希望して下さる皆様との出会いを大切に、少しでも多くの方々の健康維持、増進のお手伝いが出来たら幸いです。何かわからないことや聞きたいことなどありましたらお気軽にお問合せ下さい♪

小児鍼


写真写真

小児鍼とは、子どもに使用する特別な鍼を用いて軽く皮膚を擦ったり、接触させたりすることで刺激を与える治療です。接触刺激を与えることで、皮膚の反射作用を応用して自律神経の調整を目的に行います。

対象年齢は0歳~12歳頃まで。

子どもの体質は非常に敏感で、軽い刺激を短時間与えるだけでも効果が期待できます。お子さんの症状や年齢によって異なりますが、施術時間はだいたい5分くらいです。

治療頻度はその症状によりますが、一日置きや三日置き、週に一度など定期的に施術するとより効果的です。

子どもに使用する鍼


ボディケアセンター RIRAKU
右側がその名も『Mr.ハーリー』です♪ハーリーの頭は少しギザギザとしていて、肩のところは平たくなっています。肩から腕の形が左右で少し違うのがお分かりになりますか?

左側は『ローラー鍼』といって、皮膚表面をコロコロと転がして刺激をしていきます。大人の鍼とは違って刺すことはしません。
このような道具を用いて軽い刺激を与えます。 鍼は痛くて怖そうだから子どもになんて…と思われるかもしれませんが、とても気持ちのいい施術ですのでお子さんの体調管理にお役立て下さい!

お子さんのこんな症状にオススメ

疳の虫(夜泣き、キーキーとしたかん高い奇声をあげる、不機嫌)
夜尿症 消化不良
小児喘息 腹痛
アレルギー体質 鼻炎
アトピー性皮膚炎 風邪をひきやすい
下痢 子どもの丈夫な体作りに
便秘    

施術料金

一回の施術につき、540円
何かわからないことや聞きたいことなどありましたら、お気軽にお問合せ下さい。